よみがえり ~レザレクション~ S1 E4

レザレクション シーズン1レザレクション(完結)

 

海外ドラマ「よみがえり ~レザレクション~ S1 E4 / 固い絆」

 

今回のレザレクション、最後まで見た感想を、まず一言で表すと「謎過ぎ」。

ホームランドのシーズン1あたりから書いてるけど、最近の海外ドラマのトレンドは

早い展開と、謎を引っ張らない脚本。

 

ここまでのレザレクションは、そういうトレンドとは完全に逆を行くようだ。

まあ、今後急展開という可能性も無くはないけど、今のところその感じはないね。

なので感想は非常に書きずらい。

 

ついでに言うと、面白いか?と聞かれても、「まだ分からない」としか、

答えようがない。

 

そんな今回のメインテーマは「ケイレブ・リチャーズの強盗事件」。

この強盗事件は、現在と過去の両方で起きていてる。

その両方で主犯だったのがケイレブなんだけど、ご存じのとおりケイレブは

「よみがえり組」。

 

謎過ぎて判断がつかない今回だけど、ケイレブが最後に言った、「始まりだ」というのは、

今後も凶悪事件が連続するという意味か? それとも「どんどんよみがえるぞ」の意味か?

 

なんとなくだけど、事件が連続する可能性は高い気がする。

ケイレブが金を必要としているのは、よみがえりに関わる何者かとの取引?

約束?のような感じだよね。

もしそうなら、過去の強盗事件も、このよみがえりに関連するのかもだ。

 

そう考えると、遺伝子操作とか、クローン人間が、よみがえりの真相のようだけど、

「ケイレブの近くに行くと存在を感じる」と言ったジェイコブの言葉が謎になる。

こういうのは霊的なものとかだよね。

 

というより、ジェイコブが中国で見つかっていることからして、やっぱりスーパーナチュラルな

存在が関係してるとみる方が普通なんだよなぁ。

 

このドラマのテーマ曲がさ、なんかヒューマンドラマ系だから、余計混乱するんだよ。

でも、ここ2~3話は、そんな雰囲気は一切無し。

 

ただ、保安官&マーティン&マギーの捜査とか、面白かったけどね。

そういう期待できる面もあるから、レザレクションを見るなら、少し長い目で見たほうが

いいんだと思う。

 

ところで今回はもう1つ、今後波風立ちそうな問題があった。

そう、神父とレイチェルだ。

神父のトムは、どう見ても妻よりもレイチェルに気がありそう。

逆にレイチェルは、死んだときの記憶のままなので、当然トムを想っている。

 

展開的には、神父が妻を捨てて~となりそうだけど、ここはくだらなそうで

意外に期待できると思う。

やっぱりトムは神父なだけでなく、ジェイコブの親友。

そして理解者で人格者。

 

あとレイチェルはいい雰囲気を持った女優だよね。

レイチェル役は「キャスリーン・マンロー」が演じている。

この人、どこかで見たな~と思って調べてみたら、CSI・NYで、ドン・フラックの

妹役をやっていた人だ。

 

ドン・フラックの妹だから、美形は当然だし、カッコいいのも当然だよね。

CSIでは、2人で夜のヤンキースタジアムに入るエピソードがあったよなぁ。

あと、昔はパーティーガールみたいな感じだったような。

当時はドンとよくぶつかっていた設定だったと思う。

 

このキャスリーン・マンロー演じるレイチェルとトムは、たぶん大きな話に

なるんじゃないかな?

あの教会のおばさんにガタガタ言われてたのは、たぶんそのフリだよね。

 

まあ、こういうドラマだから、じっくり見て行こう!

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

コメント