よみがえり ~レザレクション~ S1 E6 / 帰るべき家

レザレクション シーズン1 レザレクション(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「よみがえり ~レザレクション~ S1 E6 / 帰るべき家」

 

最初にレザレクションの現状(アメリカでの)を書いた。

内容は、レザレクションの放送スタート時は高視聴者数をマーク、

ところが回を重ねるごとに数を減らし、最後は失速した・・と紹介した。

 

確かに2~4話では低迷しているように感じたけど、この5,6話は面白くなってきたと思う。

これだからアメリカの視聴者数とか、打ち切りとかは当てにならない。

この先再び下降する可能性もあるけど、個人的はかなり期待を感じている。

 

今回はマギーの元恩師で元カレの男がやってきた。

この医師は野心があるタイプ。

流れ的に、いずれマギーを裏切るようなところを匂わせている。

 

ただそれは演出でそう見せているだけで、実はいいヤツという可能性もある。

目のつけどころがいいし、切れ者だよね。

ちょっとモルダー的なタイプだ。

 

それから今回の目玉は、「牧師とよみがえった元恋人」について。

前回に続き、ここが今のレザレクションのストーリーでは中心だ。

今までのケイレブ・リチャーズの件より、こっちのほうがドラマがあるよね。

 

まずなかなかイイのが、牧師の現妻「ジェニー」。

ジェニーは悪いオンナではないし、性格が悪いと言う事もない。

いや、むしろ良い人間と言えるタイプだと思う。

 

ジェニーは小柄で顔が小さくて、ルックス的にも悪くない。

そしてやたら勘がイイ。

しかも自分の悪い方にばかり事が運ぶ(笑)。

でもこの人は悪くないよなぁ。

 

でもダチは悪い。

夫の件を相談した相手が、トムの追放を狙うヘレンというのはねぇ。

このヘレンは、ただの古いタイプなのか、それとも何か他に魂胆があるのか?

 

もしかすると、最後にレイチェルを拉致した連中の仲間かもしれない。

それにしても、このレイチェル。

イジメられるのが似合う、似合う(笑)。

 

美人で弱いところがあるのに、変なところで強気に出るんだよなぁ、このタイプは。

アメリカ人的というのか、海外ドラマのヒロイン的と言うのか・・

これじゃあ、牧師も悩む訳だ。

結論は分かり切っているけど。

 

それにしてもアメリカ(特に南部かな)でも、日本でもそうだけど、

自分が理解できないもの、よく知らないものに対し、排他的になるのは良くない。

 

ケイレブの件があっても、それはジェイコブにもレイチェルにも関係ない。

こういう差別的な人間っていうのは、本当にカッコ悪いよ。

 

ただ、このレザレクションは、どうもそう単純な話では無さそうだ。

今回レイチェルを拉致したゲイリーだけど、ただ恨みだけでこんなことやっている

訳じゃあないよね。

たぶんゲイリーは何かを知っている。

 

最後に主役のマーティンとマギー。

マギーは凄く顔がイイ、そして特に瞳がイイと前に書いたけど、

この人とマーティン(オマー・エップス)が一緒にいると、Dr.ハウスの時の

フォアマンと13を思い出すな。

 

マギーは少し、オリビア・ワイルドに似てるよね。

すごくカッコいい顔だ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント