よみがえり ~レザレクション~ S1 E8 / 識別

レザレクション シーズン1 レザレクション(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「レザレクション~ S1 E8 / 識別」

 

前回の感想で、「レザレクションはシーズンファイナルを前に崩壊した」と書いたけど、

早くも持ち直した(笑)。

 

いや、まだなんとも言えないんだけど、このシーズン最終話はかなり楽しめたと思う。

まず保安官とよみがえった妻の話。

 

保安官の死別した妻だから、「マギーの母」なんだけど、

この人はただよみがえっただけなのかな?

 

以前の演出は、1週間前にすでによみがえっていたが、保安官が怖いから

浮気相手のもとに隠れていたという説明だった。

 

この説明がそのままなのか、何か隠しているのかは分からないが、

保安官のことなのか、何かを知っている風だったよね。

 

ま、このナゾもいいけど、それよりこのよみがえり妻と保安官、

マギー、そしてジェイコブのラングストン一家(全員ラングストンだけど・・)の

関係が面白かった。

 

これは保安官が悪者になっているんだけど、一概に彼だけが悪いとは言えないよなぁ。

妻との間に何があったのか知らないけど、保安官を責めるのもね・・

 

ただ、ジェイコブ一家には責める権利があるか。

あれだけはヒドいな。

正気を失っている。

 

そういえば、保安官の妻の吹き替えが、全然合っていないのが気になった。

そしてこの妻が言う複雑な理由とはなんだろう?

保安官のことなのか、よみがえりのことか?

 

それから牧師と対立関係にあったヘレン。

この人にも近親者がよみがえり、立場は逆転。

ここのパートは面白いと思ったけど、このパターンは今後もあると思う。

 

例えば今回保安官に手を貸すことになり、釈放されたゲイリー。

このゲイリーもどこかで従兄弟がよみがえって立場が逆転するだろう。

*それまでに死ななければ(笑)。

 

それから軍についても、最初から何かを知っていたわけじゃなかった。

もし軍がこの件の背後にいるなら、最初の対応(保安官が話す前)は無いだろう。

軍がよみがえりの黒幕だとすると、Xーファイルの世界になっちゃうからねぇ。

 

というところで、ナゾをまるまる残してシーズンを終了したレザレクション。

一応、次のシーズンへの期待感はある。

でもひとつ納得がいかないところがある。

 

それは、また軍が悪者に描かれていること。

別に軍の肩を持つわけじゃないけど、こういう事件が起きて軍が悪者になり、

よみがえった人々を弾圧するなんて、ま~センスが古い。

 

まさにXーファイルのノリだし、軍(政府)VS市民なんて、視聴者の興味を引くかな?

いいところもあったけど、もう一工夫しないと次が最後のシーズンになりそうで心配だね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 

コメント