よみがえり ~レザレクション~ S2 E3 / 再生

レザレクション シーズン2レザレクション(完結)

 

海外ドラマ「レザレクション S2 E3 / 再生」

 

シーズン1後半から、かなり心配なストーリーが続いている、「よみがえり レザレクション」。

今回はシーズン2の3話なんだけど、ようやくストーリーに新しい展開が出てきた。

 

シーズン1開始3話ぐらいは面白そうだな~と感じていたけど、その後がとにかくよくない。

この時の悪いところは、ストーリーのテンポがとにかく遅かったこと。

シーズン2に入ってからも、ここが改善されていなくて期待薄だなぁ~なんて感じていたけど、本当に今回ようやくストーリーが動き出した。

 

今回明らかになった「よみがえりの謎」は2つ。

1つはよみがえる度に、その人には死体が残るということ。

そんなの当たり前だろ!と言われそうだけど、ここがレザレクションではかなり重要なポイントだ。

 

それから、死体が残らないケースもあるということ。

シーズン1のケイレブがコレに当たるんだけど、こうなった場合、もしかするとよみがえらない可能性があるようだ。

*まだ不明だけど。

 

ということで、死体が残った場合がレザレクションのキーポイントになりそうだ。

このよみがえりパターンには軍が関与しているのは確実なんだけど、もう1つマーガレットの存在も何かに関係しているということが分かった。

マーガレットはラングストン家の母、ヘンリーとフレッドの母でマギーとジェイコブの祖母。

このマーガレット、というか、ラングストン家の祖父母かその祖先が関わっているようだ。

 

このラングトン家が代々経営していた工場、ヘンリーがジェイコブの死を理由に閉鎖した「家具工場」に大きな秘密が隠されている。

一体マーガレットは何を知っているのか?何をしていたのか?

多くの白骨死体はどういうことなのか?

 

この謎のヒントになりそうなのが、警官のカール兄弟の話。

カールは警官というか保安官助手みたいな職業なんだけど、彼の家には仕事もしないロクデナシの兄貴がいる。

この兄貴がことあるごとにカールをイジメている。

かなり陰湿なイジメなんだけど、その陰には両親の件があるらしい。

何があったのか?は、ハッキリしないけど、死んだこと、そしてその死にカールが関わっていることは分かった。

 

まあ、たぶんカールが両親を殺したとかなんだろうけど、このカール実は兄貴のことも殺していた。

しかも何回も・・・

その兄貴が随分昔から、それも何度もよみがえっているようだ。

このシーンは、アメリカン・ホラー・ストーリーみたいですごく楽しかったな。

今までのレザレクションでベストのシーン、ベストの演出だと思った。

 

そしてこのカールの件がすべての謎をとく鍵になるんだと思う。

なにしろ、イヤミな兄貴は殺したそばから速攻でよみがえっているのに、両親の姿がないのは・・・

 

最高とは言えないまでも、ようやくストーリーが動き出したんだ、少しは楽しませてもらわないと。

ほぼ間違いなく、レザレクションは今シーズンが最終シーズンになるはずだから。

この調子で最終回まで突っ走ってもらいたいね。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント