パーソン・オブ・インタレスト S4 E3 / 援助

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト S4 E3 / 援助」

 

今回もオープニングから、このワクワクするような期待感。

ブラックリストでもよく感じていたこの感覚。

これがアクション系海外ドラマの醍醐味だと思う。

 

シーズン4になって本当に良くなったパーソン・オブ・インタレストだけど、

今回はいわゆるノーマルのビジネス、無用リストのヘルプだ。

 

ただ今シーズンのパーソン・オブ・インタレストが今までと少し違うのは、

単純な無用リストではなく、全てのナンバーが対サマリタンに関連していることだ。

 

今回の劇中では何の言及もなかったけど、ナンバー対象者のアンドレが狙われる

原因となった事件の黒幕は、またしてもナゾのギャング、「ドミニク」だった。

ドミニクの正体は、今のところ何のヒントもないので予測すら出来ないけど、

対サマリタンの何かに関係していることは確実だ。

 

それから伝説の武器商人「Mr.エグレ」と正体不明の美人コンビ。

こっちの活躍はモロに対サマリタンなんだけど、ここが今回のコメディ担当だった。

マシンがフィンチに用意した伝説の大悪党エグレをスマートに演じたフィンチ。

たぶんルートにもこの情報は渡っていなかったようで、ルートの反応も面白かった。

 

それからリースとコンビで笑わせてくれた警部だったかな?

キャプテン・モレノも良かった。

この女上司は厳しくて、ちょっとヒステリー気味で、どことなくセクシー。

 

パーソン・オブ・インタレストでのNYPDの上司といえば、今まではロクでもない所長、

クィン、そしてシモンズ。

男臭い悪党ばかりだったので、このキャスティングは良かったと思う。

 

こういうグリアもコントロールも出ないノーマルのストーリーでは、

面白い演出が欠かせないね。

そういえばナンバー対象者のアンドレは、ライアン・ゴズリングの映画のイメージだと

思うけど、あの映画のようにファスコを指導するシーンがもう少しあっても良かったかも。

 

そう考えると、ここ最近のコメディ担当がルート、ショウ、ファスコだったので、

今回は反対にフィンチとリースがお笑いを担当したのかな?

ま、ファスコがあの役では、ベタすぎるということかも知れないし。

 

そして次回予告では、またしてもマフィア絡みのストーリみたいだ。

さてドミニクは何者で、今後どんな役割を果たすんだろうね?

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント