アメリカン・ホラー・ストーリー 怪奇劇場 E11 / 奇術

アメリカン・ホラー・ストーリーS4 アメリカンホラーストーリー

 

海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー 怪奇劇場 E11 / 奇術」

 

まず前回、「早すぎる」と書いていたジミーの手だけど、スタンリーとの約束で、ジミーも納得の上で切り落とされたということだった。

もちろん約束は片手だったので、両手をいかれたのは納得済みじゃあない。

でも、フリークと警察の過去のいきさつなどから、ジミーも受け入れた形になった。

ただし、全てはスタンリーが仕組んだ事なんだけど・・

 

ということで、前回の謎は簡単に解決、さらに死んだのか?と思わされたジミーも一応生きていた。

そして今回いきなりの登場で驚いたのが、ニール・パトリック・ハリス。

ニール・パトリック・ハリスが演じるのは、旅のセールスマンで腹話術師、そして奇術師でマジシャンの男「チェスター・クレブ」。

 

このクレブという男、スタイリッシュで真摯な男に見える。

まあ、実際それはあたっているんだと思うけど、問題は腹話術の人形だ。

この人形、ただの人形じゃない(と思う)。

なにしろ、本当に自分の意志でしゃべるは、実体化(人間化)して歩き、クレブにも意見する。

しかも、どうやら過去に起きた殺人事件にも関わっているようだ・・

 

ただこの人形がクレブの見ている幻なのか、人形にとり憑いた亡霊的なものなのかは、今のところ不明。

そしてこの人形のマージョリーを演じているのが、魔女団のナン役だった「ジェイミー・ブリューワー」。

最初人形の声を聞いた時、コノ特長ある声、誰だったかな?なんて考えていたけど、顔が出て来て思い出した。

そうだ、彼女だ。

彼女の声特長あるよね、忘れられない個性がある。

 

それとニール・パトリック・ハリスがどの程度今後のストーリーに関わってくるのかは不明なんだけど、今回彼に演じさせたシーンはなかなか強烈だった。

これ、ある意味ちょっと悪ふざけのコメディという面もあると思うけど(実際はソレが目的かな?)、なにしろ2つの頭役のサラ・ポールソンとのSEXシーンだもんなぁ。

しかもニール・パトリック・ハリスに半ケツ出させて(笑)

 

それにしても、このクラスの俳優がいきなり出て来くるってのはすごいよね。

それこそがアメリカン・ホラー・ストーリーの特徴でもあるんだけど、それだけこのドラマの影響力が大きいということなんだろう。

 

ただ反対に、こういうクラスの俳優がいきなり消えるのもアメリカン・ホラー・ストーリーの特徴だ。

過去のシーズンでもそうだったけど、大物が、重要な主役級が実にあっけなく消えていく。

そして今回、デル役のマイケル・チクリスがサクッと消え去った・・・

これは予想できたことだけど、ジミーと親子の絆を強めている最中だったのに、あまりにあっけない幕切れだった。

 

それから行方不明に鳴ったマージョリーを探すクレブの前に現れたダンディー。

しかし、アノ場所に毛皮着て現れるか?(笑)

ダンディーはクレブの過去を隅から隅まで洗って、用意周到に現れた。

まさに秩序型サイコパスの典型的な行動だけど、今回のダンディーは双子を寝とられた事を恨んでいるというより、別の動機がありそうだ。

もしかして、彼が怪奇劇場を買おうとしていることも知っているのかな?

劇場買収計画なら、この行動もなんとなく分かる気がする。

 

最後にちょっと話を戻すけど、デルは座った状態でエルサに後ろから頭を撃たれ死んだ。

これは海外ドラマ風に言うと、処刑スタイルなんだけど、撃ったエルサはこれで少なくとも2人を殺している。

最近立て続けに2人だけど、過去にはもっとあるかもしれない。

しかも双子の件や他のフリークたちへの悪行もある。

そんなエルサが最後にはハリウッドスターになるのかな?

あのペッパーの見た表紙がウソってことはあり得ないからなぁ。

でも何か秘密がある気もする。

いや、そうでないとスッキリしないよ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント