PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットS1E20

パーソン・オブ・インタレスト PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット(完結)
スポンサーリンク

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト / 欲望の連鎖」

オープニングでいきなりナンバーを1つ片付けるパターンでちょっとビックリさせた上に、カーターがファスコを本気でヨゴレだと思っている、、と楽しさ満載の第20話。

さらにリースの過去の、かなり重要な部分も1つ明かされた。
まだ核心までいま一歩なんだけど、ここは相当な悲劇なんだと思うと、ちょっと複雑だ。

そういえば年末・年始の先行一挙放送に、パーソン・オブ・インタレストもあったけど、続きはあえて見なかった。
S2の1話も、もちろん見ない。

まあ悪くない企画だと思うけど、先行放送はオレには合わないかな?

という事で毎週の楽しみに、ここはとっておいている。
本題の感想に戻ると、今回のナンバーは輸送車の警備員。
ここでは犯人がわかりにくい演出があって、ここもそれなりに面白かったけど、今回はやっぱりCIA時代のリースの過去がメインだよね。

リアルでも悪いウワサの多いCIAだけど、善悪が明確で無いのは、バットマン的というかダークナイト的というか、、、

でもどのシリーズより、このパーソン・オブ・インタレストがよく描けているしリアル感もある。

今回CIA関連でわかったのは、スノーが悪党だって事。
ただ正確にはスノーが単独で悪なのか、CIA全部かはまだわかっていない。

それ以外でも謎が深まった事はいくつかある。
まずかなり上だと思われた警部のリンチが、HRではそれほど格上でもなかった事。

これによってHRが何なのか、さらにわからなくなった。
つーかファスコは大丈夫なのか?っていうのもある。

そして生き残ったカーラはCIAを狙っていた。
そりゃ狙うだろと思うけど、カーラの目的がマシンの可能性がある。

カーラはあの時点でマシンの存在を知っていたけど、スノーはマシンを知っているんだろうか?

でもここでちょっと不思議に思ったのが、リースとカーラを爆撃した航空機。

いくら無人機でも中国国内を爆撃は出来無いだろうから、多分そこにも何か秘密があるんだと思う。
中国軍のパイロットが何語を使うのか知らないけど、あれはたぶんアメリカ軍の有人機。

そうするとマシンの開発か何かに中国が関係してるのか?それともマシンが複数存在するのか?

今回は3つのストーリーが展開したけど、全然複雑に感じないのは凄いよな。

そんな中で、リース&ファスコのお笑いも最高、2人の友情も深まったようだし。

そして来週か。
今回の面白さからも、次回はすごいだろう。
先行、録画しとけばよかったかな?

ポチッ↓とお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント