ワンス・アポン・ア・タイム S2 E17 / ストーリーブルックへようこそ

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2ワンス・アポン・ア・タイム

 

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S2 E17 / ストーリーブルックへようこそ」

 

前回感想をかけなかったけど内容はすごく面白かったので、かなり期待が高かった今回。

オープニングは呪いの当日、そうストーリーブルックが始まった日だ。

「その日」をレジーナの目線で何度もリピート。

ん? これはストーリーブルックの呪いが同じ日を繰り返すことで時が止まっている~ということかな?

 

ま、それはいいとして、現代のレジーナはコーラを間接的に殺した白雪を狙っている。

この悪のレジーナ、ルックスは魅力的なんだけど、やっぱり善人になりかけていた時のレジーナが懐かしいね。

 

でもどうもレジーナの性格は変わらないらしい。

そしてそんなレジーナがおとぎの国に呪いをかけた最初の日、たまたまストーリーブルックの近くでキャンプをしていた親子を、呪いの魔法に巻き込んでいた。

この親子、なんだろう?と思っていたけど、最後にビックリ。

 

ただこの親子に対するレジーナの仕打ちは・・

最終的に父がどうなったのかわからないけど、あそこは逃がすべきだよなぁ。

父を捕える必要性がないと思うけど、やっぱりそこが悪い女王ということなんだろうか?

 

それから一時はレジーナに心臓を掴みだされた白雪。

取り出された心臓は、なんと汚れていた。

一度汚れてしまった心臓は決して元には戻らない。

そして真っ黒になるまで悪に染まるとか。

 

でも心臓が汚れるきっかけとなったコーラの心臓の件を考えると、白雪を責める気にはなれないよね。

そしてそれはレジーナにも言えるし、ルンペルにも言える。

だから反対にエマが正論を説くと、なんかイヤ~なカンジがするんだよなぁ。

 

そういえば今回久々に登場したハンターの保安官。

保安官も心臓を取られているのでやることがエゲツない。

ただ最初の頃のエマと保安官はいい感じだったし、そこまで冷たい男でもなかったな。

 

そしてその心臓の話だけど、白雪は汚れただけあってかなりヒドイことをしている。

以前レジーナを裏切った件はコーラに騙されたことだけど、前回の件は完全に悪だよなぁ。

レジーナを騙してコーラに心臓を戻させたんだから、今回に関しては恨まれて当然。

これを聞いたらヘンリーは、エマはどうするだろうね?

王子もか。

 

そして問題のラストシーン。

あの境界線で車の事故を起こした男が、なんとなんと、あの親子の息子だったというオチ。

これはなかなか興味深いよなぁ。

 

まずよく考えたと思うし、ただのパパラッチという設定よりはるかに面白い。

あの子供も大きくなった。そして執念を燃やしてレジーナに対抗するだろう。

外の世界と連携して、ストーリーブルックの住人を追い込んでいくのかな?

 

最近はちょっと暗い話が中心なのが気になるけど、面白さは維持しているよね。

シーズンフィナーレに向けて面白くなりそうだ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント