ブラックリスト S3 E6 / クリスピン・クランドル卿

ブラックリスト シーズン3 ブラックリスト
スポンサーリンク

 

海外ドラマ「ブラックリスト S3 E6 / クリスピン・クランドル卿 」

 

オープニングに登場した変な男がタイトルの「クリスピン・クランドル卿」。

この男は常に自家用ジェットで空を飛んでいる、というか空に住んでいる。

彼の目的は不老不死。

そのために世界中のトップ科学者・学者等を誘拐し、機内で冷凍保存して自分の不老不死の研究にするという、筋金入りのイカレ野郎だ。

 

そしてクリスピン・クランドル卿が誘拐した男の中に、レッドがどうしても会う必要があるという男、「アンドラス・ハルミ」がいた。

そんな理由でクリスピン・クランドル卿はレッドに追われる事に。

もちろん卿はブラックリストに入っている。

そこでレッドは卿の情報をFBIに流し利用する、しかしFBIには局長も一緒にいて情報を聞いていた・・・

 

ということで、レッドは何のためにハルミを追っているのか? そしてその間にレッドは現場監督?とレストランの女性スタッフ(料理人)にレストランをプレゼントする。これなんだ??というのが今回のメインストーリー。

ついでにサブストーリーでは、トムのカラクルト探しが佳境に。

 

今回で面白かったのは、なんといっても用意周到だったレッドの計画だよね。

よくわからない初対面?の人物にレストランをプレゼントしたレッドの目的は、実は建物の下にある銀行貸し金庫だった。

そしてその貸し金庫の中の金庫(貸し金庫に金庫が入っていた)のカギがハルミの親指。

で、肝心の金庫の中身は、局長が「もしも」の時の逃走資金。

このカネを局長から巻き上げることで、レッドは局長と結社にプレッシャーをかける。

ん~、この脚本はいかにもブラックリストらしくて気に入った。

 

演出も良かった。

音楽もキマっていたし、機上ではレッドの直後にソロモン、銀行では局長と、スリルもあってドキドキしたよね。

この時に遅れて登場したレスラー&ナヴァービもカッコ良かった。

ナヴァービは今回、白のタンクトップに防弾ベストというファッション。

彼女はモサドの諜報員でもあるという設定だけど、スタイルがすごく良い肉体派なんだなぁ。

 

更にレッドの脅しを局長が突っぱねたことで、この先がより面白くなった。

今回の件で局長は結社の中で、またまた立場が厳しくなった。

特にソロモンと局長の位置関係がわからないので、ここはかなり緊張感がある。

この2人の関係、今のところわかっているのは、ソロモンは結社の何人かが雇った殺し屋?フィクサー?

逆に局長は最近まで結社で最高に近い位置にいたが、フルクラムの件で立場(信用)が微妙になっている。

そこにこのレッドによる金の強奪。

こうなるとソロモンが生き残り、局長はレッドの策にハマるというのが見えてくる。

ま、ブラックリストだから、そう簡単にはいかないかな?

 

でサブのトム。

今回の最後のシーンで、久しぶりにトムのアクションが見れた。

殺しのお手並みは鮮やかだったけど、その前の洞察力とかね。

イイ頃のトムが帰ってきた感じ。

でも、何者なのかわからなかった頃のトムは、今以上にキレまくってたから。

あれを知ってるから、トムにはもっと見せ場を作ってもらわないと。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント