ワンス・アポン・ア・タイム S1 E21 朽ち果てたリンゴ

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S1 E21 / 朽ち果てたリンゴ」

 

次回がシーズンファイナルとなるワンス・アポン・ア・タイム。

前回から呪いの国「ストーリーブルック」と、「おとぎの国」の存在が

徐々に近づき始め、シーズンファイナルへの期待がどんどん高まってきた。

 

そして今回のストーリーも、いよいよ大詰め!という感じの流れだった。

 

そこで最終回を前にして、自分がこのワンス・アポン・ア・タイムを

どう見ているか?についていくつか書いておくね。

 

人それぞれ感想はあると思うけど、まずどうしてもレジーナを

嫌いになれなかった。

 

この女王はメチャメチャ自分勝手で、人を利用するし、人の気持ちを

平気で踏みにじる。 さらに自分に少しでも歯向かうと躊躇なく殺す。

 

でもなんとなく感じさせるレジーナの悲しさとか孤独感みたいなものは、

この女王が失ってはならないものを失った人間だと示唆していた。

これまでで、それに白雪が関係してるとわかり、実の母が

オニだったということも分かった。

 

シーズンファイナル前にチョット弱いところを見せたりして、

少し今までとは違う面を見せ始めた町長。

ヘンリーにだけは優しいレジーナを嫌うのは、

オレ的にはちょっと難しかったよ。

ただ彼女はヘンリー以外、愛する者全てを失っている。

 

それからルンペルシュティルツキン/ゴールドさん。

この人を嫌うのは誰にとっても難しいと思う。

 

女王ほどじゃないにしても、この人の外道ぶりもナカナカのもの。

でもこの人を嫌うことが出来ないのは、誰もが自分の弱さを

自覚してるからだと思うな。

ルンペルシュティルツキンはそんな弱さから生まれた怪物。

 

そしてこの人には愛する人間がまだ生きている。

ベルファイアとベル。

そうか両方ベルなんだな・・

 

そしてゴールドさんの心が荒んでいるのは、2人を自分の弱さから

失っていることだろう。 これは闇の王になった副作用じゃないね。

自分の弱さに対する対価を愛する者で払ってしまった過去。

 

普通の人間にとって、こういう人を嫌うことは難しいよね。

 

それから意外と幸せじゃなかった白雪と王子。

でもこの2人ヒーローだから。

エマはヒーローじゃないよね、救世主だ。

 

でも姫と王子はヒーローで正義でリーダー。

多少ヒドイ目に合うのは仕事みたいなもんだ。

どうせ最後はハッピーになれるから問題ない。

見てる方は、この2人の試練を楽しむことが出来る(笑)。

 

そしてエマ。

ここ2~3話はヘンリーの為ばかり言って、あまり好きじゃない展開だった。

こういう、子供の為に~というストーリーは、陳腐すぎて共感できないんだよね。

もちろんそれがダメとかじゃないんだけど、子供の~とか、

友の為~とかは、度が過ぎると視聴者に媚びてるみたいに見える。

 

別にこの時期のワンス・アポン・ア・タイムは、視聴率に苦しんでると

言うわけでも無いので、そういうのとは違うかもしれない。

でもちょっとイヤな感じがしてた。

 

次回に関しては不明というか、心配な面もあるけど、

今回下したエマの决断は良かったと思う。

結局レジーナの策略だったので、エマの决断は正しくなかったんだけど、

でも一瞬でもレジーナに歩み寄ったエマはさすがと思ったね。

 

ついでにストーリーブルックに来るまでのエマが無責任な上に、

責任を負うことを避けていた、という設定は素晴らしいと思った。

ここはオーガスト/ピノキオも同じだ。

イイ脚本だと思う。

 

と、こんな感じで、今までのワンス・アポン・ア・タイムを見てきたんだよね。

 

それから今回のエピソードだけど、かなり重要な事がいくつか分かった。

まずレジーナはエマが救世主(呪いを破れる)と知っていたんだなぁ。

さらにそのエマを、ルンペルシュティルツキンが造ったとも言っていた。

 

これはレジーナがルンペルシュティルツキンの研究?魔法?を

知っていたということだ。

もう1つこの件で言うと、エマ登場後、ゴールドさんがいきなり

呪いを解く事に協力しだしたとのレジーナ発言があった。

 

ここは今まで分からなかったけど、エマに呪いを破らせ、

おとぎの世界に戻って(魔法を蘇らせ?)ベルファイアを探すと

いうことらしいね。 とするとやっぱりゴールドさんは、この世界に

ベルファイアはいないと判断したって事だ。

 

それよりエマの何かで世界の壁を破るとか、何か策があるんだろう。

ここはもう少し待てば分かるよね。

 

そして次回予告なんだけど、かなりすごい展開になりそう。

エマがホントに救世主っぽくなってるわ、ホビットみたいな

ドラゴンが出てるわ、なんか盛り上がりそうだね。

 

でもそれよりゴールドさんが一緒にいたのはベルだよなぁ。

ストーリブルックでベルとゴールドさんが再会するとなると、

どういうことになるんだ?

 

ゴールドさんはおとぎの国に戻る必要ないんじゃないかな?

ベルファイアを忘れるというのも現実的じゃないけど、

あのベルが生きているわけだからね。

まさかこれもレジーナの策略かな?

 

それにしてもここまで、あっという間だった。

本当に面白かったワンス・アポン・ア・タイム。

なんか気が付くと、また見てる海外ドラマが急速に減ってきてるな。

来週は、このワンス・アポン・ア・タイムとハウスの最終話。

楽しみだけど、なんか残念な気もするわ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。