ワンス・アポン・ア・タイム S2 E11 / 町への侵入者

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 ワンス・アポン・ア・タイム

 

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S2 E11 / 町への侵入者」

 

まずは、いきなり始まったゴールドさんの境界線破り。

ネズミの「スミ」を使って、境界線の突破を確認。

一番大事な人の持ちものにかければ、境界線を突破できる魔法の薬を

ゴールドさんが発明したらしい。

 

とりあえず一人分だというのがミソかな。

最終的に船長の攻撃によってベルが記憶を失ってしまったことで、

ゴールドさんが外の世界に旅立つかは微妙な感じになった。

流れ的には外には行かないのかも。

 

そしてその記憶を失ったベル。

ベルは前にも「英雄願望」があると言っていた。

つまらない生活より、ヒーローとして何かを残したいってやつだ。

そんな感じなので、無茶なことばかりする。

まあ、もともとプリンセスだったから、怖いものなしなのかも。

 

そのベルは今までレジーナに囚われられていたり、ルンペルに拒絶されたり、

なんか幸が薄い感じがあるけど、またまた厳しい展開になった。

そんな境遇から、ベルは弱いタイプかと思ったけど、

今回わかったのは実は戦う女だったということ。

 

しかもあのムーランとダチだったと(ムーランが強さを教えた)。

ムーランは剣で、ベルは本(知識)でという設定は面白いね。

フィリップ王子とムーランの出会いにベルが関わっていたということは、

いつかベルとムーランが姫を連れて、王子救出の旅をするのかな?

 

あと今回見ていて感じたけど、ベル役の「エミリー・デ・レイヴィン」やエマ役の

「ジェニファー・モリソン」は、急に現代風のファッションになっていた。

ベルの回顧シーンは思いっきり古典的だったけど、ストーリーブルックでの話ね。

これは今回のタイトル「町への侵入者」に関係があるのかな?

現代の外の世界とストーリーブルックが、急速に接近する前兆かもしれない。

 

ただ反対に、グランピー達が魔法の森に帰りたいと言ったり、白雪のメイクが

急に古典的なっているから、現代とおとぎの国のストーリーが平行して進むのかも。

 

ま、これは町に突っ込んできた車に誰が乗っているかでわかるよね。

あれはエマの元カレ(ヘンリーの父)かな?

 

最後に今回で一番気になったこと2つ。

1つはもちろんフック船長。

町への侵入者の車に跳ね飛ばされた船長。

ピクリとも動かなかったけど、まさじゃあれで死んだなんてことはないよなぁ。

いくらなんでも、そんな終わり方だったら哀れすぎる・・・

超シリアスシーンでそんな終わり方だったら、なんかお笑いみたいだよ(笑)。

 

そしてエマとヘンリー。

いきなり現れたアーチーにビックリなんだけど、レジーナになんて言うんだろう?

怒られるで済むのかよ?

次に出てきた時、あの女王ヘアーになってなければいいけど。

 

あともう一つ。

エンドロールのワンス・アポン・ア・タイムのテーマ。

あれ劇中でもよく使われてるやつだけど、すごくあってるよね。

カッコいいし、幻想的な雰囲気も完璧。

ハリウッドの音楽って、本当にいいものが多いね。

イメージを的確に表しているし、期待感をもたせる。

こういうのはアメリカだけだよなぁ。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

コメント

  1. アバター エデ より:

    毎年12月頭の放送は、ルンペル&ベルに泣かされる展開ですね。(思い起こせば、去年の今頃ガッツリハマったのでした。それまでは観たり、観なかったりしてたから)
    ベルは状況が不幸に見えるだけで、本人は「信じるものの為に戦うのを諦めない」強い子ですね!でもヒーロー願望があるからって、いきなり怪物退治に行っちゃったり、お嬢様育ちのクセに大丈夫なの?とハラハラしますけど。(荒くれ男達に苛められてたし)ちょっとドジッ子ぽい所もあるんですね。ムーランがカバーしてくれて良かった。現代パートでは、エレベーターから飛び出してきて、ゴールドさんに抱きつくのが可愛いです!(強くてもやっぱり女の子)…それにしてもエマのノックアウトは兎も角、ベルにまでやられるフック弱すぎ。
    あのまま死んでる訳ないのですが、全く同情も思いいれも出来ないので、さっさと退場願いたいです。何故か人気あるみたいですけど…。

    • アバター ランキン より:

      そうですか、ワンスの放送が始まってもう1年も経ちますか。
      そういえばベルの登場時はスポット的な扱いでしたよね。
      二人は美女と野獣のイメージだそうですが、ルンペルがあまりにフザケすぎなので別物に感じます。
      そして船長。 死んでないとしても、今後どんな描かれ方をするのか?
      予告ではゴールドさんとコーラが直接会ってましたね。
      船長ファンとしては、いくらなんでも用無しになるのは少し早い気がしますが・・

      • アバター エデ より:

        あら、船長Fanでいらしたんですね、失礼致しました。
        好きな方は好きでしょうね、けなした訳ではないのでお許し下さい。
        ただ、私がルンペル(と言うか現代のゴールドさん&へタレの頃の人間ルンペルさん)Fanで、ベルも大好きなので、二人の仇にはどうしても厳しくなってしまうんです。ゴールドさんもベルや息子の仇には、容赦ないですね!スミー…折角助かったのに…。

        同じ理屈で多分コーラも苦手です…ええい、私だって「先生」とか呼びたいわ!(私情です)

        • アバター ランキン より:

          予告ではコーラとゴールドさんがいい感じでしたが、
          やっぱり2人には深いものがあるみたいですね。
          ルンペルが師弟関係だったコーラを追放した理由を知りたいし、
          なぜ自分で出来なかったのかも知りたいですね。
          そしてコーラの真の目的はレジーナではないような気がします。