ワンス・アポン・ア・タイム S1 E15 赤ずきんの恋

海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム S1 E15 / 赤ずきんの恋」

タイトルは、赤ずきんの恋なんだけど、あまりそういう感じではなかった
今回のワンス・アポン・ア・タイム。

「あれ?」と思ったんだけど、「赤ずきん」て童話では狼じゃないよね。

確か狼に石を食べさせて、川に流して殺すんじゃなかったかな?

ワンス・アポン・ア・タイムでは、赤ずきんが満月になると狼に変身、
人や家畜を襲っているという話。 その赤ずきんが恋人を食べてしまい、
自分が狼だと気がつく。 そこへ村人が組織した狼刈り隊が近づく、
危ないところで事件の少し前に赤ずきんと知り合っていた白雪姫が、
彼女を連れて逃げる・・・という話。

なんだけど、今回は童話の世界よりストーリーブルックでしょ。

なんとデヴィッドが夢遊病になって森をさまよっている。

問題はその森が妻・キャスリンが失踪した場所だってことだ。

そして今回、そこから人間の心臓が見つかった。

人間の心臓を取るといえばレジーナの仕業だと思うところだけど、
今回はもう少し複雑かも。

その前に、ストーリーブルックでもレジーナは人の心臓を取ることが
出来るのかな? おとぎの国で抜き取る事ができるのは分かるけど、
呪いの世界のストーリーブルックでそれは不可能なはずだよね。

それに王子がいきなり夢遊病になるなんてのもおかしい。

もしかして心臓は王子のかな? でも心臓を抜かれると心を失うはず。

メアリーと一緒のところを見ると、それもチョット変だ。

やっぱりキャスリンの心臓なのかな?

それにしても登場は少しだったけど、レジーナの存在感は凄いね。
相変わらず強烈な性格なんだけど、やっぱりどこか憎めない。

キャスリンの件に関わっているのは間違いないと思うけど、
ワンス・アポン・ア・タイムにしては、ずいぶん複雑なナゾだ。

それから最後のシーンね。
またまたイジメられるのはメアリー・マーガレット。

キャスリンの心臓が入った箱から出た指紋はメアリー・マーガレットの
ものだったと。 しかも次回は牢屋に入っているし(笑)。

なんか今回のストーリーは、次回への布石って感じだったけど、
その次回はかなり面白そうだ。

ストーリーブルックでは、逮捕・拘禁されたメアリー・マーガレット。
童話の世界では白雪姫VS女王の対決、そしてもしかすると、レジーナが
なぜ悪に染まったかが分かるかも?

そして白雪姫が組んだ相手はあのルンペルシュティルツキン。

これは見逃せないよね。 でもさすがに来週はお休み。

2週間、長いな~

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。