ブラックリストS1 E15 判事

ブラックリスト ブラックリスト
スポンサーリンク

ブラックリスト 判事

海外ドラマ「ブラックリスト S1 E15 / 判事」

 

今回のブラックリスト対象者は「判事」。

判事と呼ばれているように、判事の正体はレッドにも分かっていない。

 

その判事は本当の判事(裁判長)ではなく、裏の世界の判事だ。

ただしいつものブラックリスト対象者のように私利私欲で動く犯罪者ではない。

この判事は冤罪で投獄された人間の恨みを晴らす復讐者。

判事の復讐の仕方は独特で、冤罪で陥れた被告と全く同じ刑期、刑罰を、

その冤罪にした加害者に対し課すというもの。

 

最終的に判事はFBIに投降することとなったが、判事が公正な人間で、

その公正さによって自分がいずれ逮捕されることを覚悟していたという事だった。

 

判事の過去のいきさつからも、判事の逮捕はなんとなくレッドらしくないと感じた。

レッドなら判事を逃すのかな?と思ったが、犯罪者として判事は良心的すぎたのかも。

ただ刑務所内で判事が他の囚人から一目置かれる風な演出は良かったな。

 

そして相変わらず面白いのが、今回判事をリストアップしたレッドの真意。

判事の次の標的がリズの上司、「クーパー本部長」だと予測していたこと。

ついでに過去にレッドのせいで出世コースを外れた、レッドの元同僚(海軍将官)を

助けることもしていた(出世を外れたのに大将ってのは??)。

 

この本部長とレッドの関係も意外と面白いね。

それとイマイチわからないのが、レッドの言う「戦争」。

戦争をする片方がフィッチの組織なのはまず間違いない。

問題はその相手だ。そしてレッドがどっちの側の人間なのかも不明。

 

とりあえずわかっているのは、レッドと反対の側にいるのがトムとルーシー・ブルックス(ジョリーン・パーカー)。

そのトムだけど、ついに正体を表した。

「リズと結婚することが仕事だ~」とか言ってたなぁ。

まあリズに正体を晒すのはまだ先なんだろうけど、ここはずっと楽しみにしてきたパート。

超期待してるし、絶対おもしろいと思うな。

 

ブラックリスト 判事

 

それからリズ役のメーガン・ブーン。

今回から少し下から映す撮影方法?を多用していたけど、これって映画でよくやるよね。

アンジェリーナ・ジョリーとか、こういう映し方が好きみたいだけど、テロ対策とかFBIとかの

捜査官によくやる。

 

リズはFBI捜査官だから別におかしくないけど、捜査官として成長してるって演出なんだと思う。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

コメント